SSブログ
前の10件 | -

Rudolf Augstein ☆ ルドルフ・アウグシュタイン  [ドイツ関連書籍]

rudolfaugstein70-1993.jpg Nr.6 /1993 DM 10

derspiegel.jpg

◇ルドルフ・アウグシュタイン (Rudolf Augstein :1923/11/5 - 2002/11/7)
『デア・シュピーゲル』(Der Spiegel) の編集長 1947年1月の第1版~2002年11月7日

1993年 ルドルフ・アウグシュタインの70歳を祝ったスペシャル版

寄稿文
URI AVNERY      Zwei Schüler aus Hanover
RAINER BARZEL    Da war oft Häme im Spiel
JUREK BECKER     Ein normaler süchtiger Leser
LEW BESYMENSKI   Der Traum vom Sowjet-SPIEGEL
WOLF BIERMANN    Hamburg
HARK BOHM      Auch bei Filmen en Gespür
BAZON BOROCK    Selbstergänzung des Regenwurms
GERD BUCERIUS    Tüten aus der Apotheke
GORDON A: CRAIG   Augstein und die Brötchenbäcker
RALF DAHENDORF   Der letzte Nationalliberale
MARION GRÄFIN DÖNHOFF Er schaut so harmlos aus
KLAUS VON DOHNANYI   National aus Vernunft
ERHARD EPPLER    Gegiftet, genörgelt, gejammert
WALENTIN FALIN    Zu Moskau im Hauptquartier
INGE FELTRINELLI    Er hüpft wie ein Osterhase
JOACHIM FEST     Der Zeit nicht ganz so nahe
JOSCHKA FISCHER   Begegnungen beim Friseur
JÜRGEN FLIMM     Dieser verdammt helle Kopf
TIMOTHY GARTON ASH Der SPIEGEL als Scheinwerfer
PETER GAUWEILER   Augstein - ein Strauß?
HEINER GEISSLER    Die alte Schlachtordner
HANS-DIETRICH GENSCHER Freund und Parteifreund
PETER GLOTZ      Der alte Raubvogel und die Linke
MICHAIL GORBATSCHOW Der Fuchs hat es begriffen
GÜNTER GRASS     Ein Zug, nicht aufzuhalten
DIETER GRIMM      Der SPIEGEL vor Gericht
JOHANNES GROSS    Augstein, der Konservative
ALFRED GROSSER    Welcher Politiker zittert nicht?
JÜRGEN HABERMAS   Zähneknirschender Dank
WERNER HÖFER     Frühschoppen im Exil
HORST JANSSEN     Eine kleine Abend-Liebe
JOACHIM KAISER     Warum ist er Opernliebhaber?
WALTER KEMPOWSKI   Lesen von hinten nach vorn
HENRZ KISSINGER    Patriot und Perfektionist
HILMAR KOPPER     Ankündigung der Gladiatoren
ROLF LIEBERMANN    Ein romantischer Moralist
LORIOT          Vom auch so alten Freund
HANS MAZER       Nun jaja - nu nee nee
INDRO MONTANELLI    Spaghetti mit Tocco?
OSKAR NEGT       Von Menschen und Nachrichten
PETER NEUGEBAUER   Gedanken und Erinnerungen
Elisabeth NOELLE-NEUMANN Ein Brüderchen
KARL OTTO PÖHL     Stilbildend für uns Junge
FRITZ J. RADDATZ     Ein kleiner Zeitungs-Napoleon
JOHANNES RAU      Augstein und das Christentum
HENRI REGNIER      Kopf Hof!
JENS REICH        Der intellektuelle Thrill ist hin
KARK SCHILLER      Innerlich vorwärts blicken
HELMUT SCHMIDT     Ich jedenfalls lese den SPIEGEL
GERD SCHMÜCKLE     Aug’ in Aug'; Augstein und Strauß
PETER SCHNEIDER     Schub in die Umlaufbahn
HEINRICH SENFFT     Bist Du Freund, bin ich Feind?
WOLF JOBST SIEDLER   Der letzte seiner Art?
JOHANNES MARIO SIMMEL Schlag nach bei Augstein
THEO SOMMER      Hölzchen, Latten, Balken
MICHAEL STÜRMER    Unvergleichbar nicht
ANDRZEJ SZCZYPIORSKI  Gegen deutsche Phantasmen
MICHAEL THOMAS     Er paßte in kein Schema
DANIEL VERNET      Haßliebe zu Frankreich
ARTHUR OCHS SULZBERGER Er darf stolz sein
   KATHARINE GRAHAM  Hartnäckig und akkurat
   MARTIN WALSER    Einmal im Sonntagston
SIEGFRIED WEISCHENBERG Der blinde Fleck
KONRAD WEISS       Der SPIEGEL im Giftschrank

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*







共通テーマ:学問

ワクチン☆〔独〕Vakzin〔英〕vaccine [言語ドイツ語英語]

☆ワクチンの語源はラテン語の「雌牛」を意味する「vacca」に由来します。
〔独]女性名詞「Kuh」[仏〕女性名詞「 vache」[英]「cow」 
◇ワクチンという名称は、ラテン語のVacca(雌牛)に由来する。世界初のワクチンである天然痘ワクチンが雌牛から取られたため、この名がつけられた[6]。発音は、イギリス英語でヴァクスィン 英語発音: [væksín] 、アメリカ英語でヴァクスィーン 英語発音: [væksíːn] である。日本語のワクチンはドイツ語の発音に由来している。(Wikipediaより)

kuhchan.jpg(2013年7月撮影)
バイロイト祝祭劇場(Bayreuther Festspielhaus)外のお手洗いに描かれた可愛いい牛 30cent.jpgwc1.jpg
◇使用料は30セント
2020年の音楽祭はコロナの為中止となりました。2021年にまだ牛ちゃんがいるか会いに行きましょう♪  *~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


共通テーマ:学問

ベートヴェン ☆ Ludwig van Beethovens letzter Flügel [ベートヴェン]

2020/12/17はLudwig van Beethoven生誕250年
(1770/12/16(推測)12/17洗礼を受ける-1827/3/26)

◇ボンのベートーヴェンの生家は博物館などの文化施設となっています。
「ベートーヴェン・ハウス」https://de.wikipedia.org/wiki/Beethoven-Haus

Beethovenjung2.jpgボンのBeethoven-Hausにて1965年撮影

geburtszimmer3.jpg
ボンのBeethoven-Hausにて1965年撮影


beethoven1.jpg1965年購入
●ベートヴェンが最後に手元に置いていたピアノで演奏された
Sonate op. Nr. 2 cis-moll (Mondscheinsonate) 月光の曲

Flügel(グランドピアノ)製作者
Conrad Graf/コンラート・グラーフ (1782/11/17- 1851/3/18)

上記のFlügel(グランドピアノ)につて
おそらく1826年のことであると思われるが、グラーフのピアノがルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンへと貸し出されている。6オクターヴ半の音域を備えるこの楽器はC♯までが3本弦、そしてDからF4までは4本の弦が張られていた - この弦によって当時ほとんど耳の聞こえなくなっていたベートーヴェンにもピアノの音が聴き取りやすかったものと推察される。上述のグラーフ製音響変化装置にもいくらかその効果があった。
[中略]
1827年のベートーヴェンの死後、グラーフはピアノを弾きあげてウィーンに住むヴィマー家に売却した。この楽器は現在ボンのベートーヴェン・ハウスで展示されている。グラーフのピアノがベートーヴェンのキャリアに与えた影響はおそらく軽微であったと考えられる。グッドは次のように述べている。「彼がその楽器を手に入れてからピアノのために書いた作品は唯一『大フーガ』の4手編曲のみであった(中略)また最晩年の3年間には自分のためとしても極めてわずかしかピアノ弾くことはなかったことが示されている。
https://de.wikipedia.org/wiki/Conrad_Graf 
https://www.beethoven.de/de/g/Beethovens-letzter-Fluegel
(Flügel の写真が見られます)

ピアニストにつて
Ernst Gröschel (* 18. Dezember 1918 in Nürnberg; † 5. Mai 2000 in Zams, Tirol) war ein deutscher Pianist. Gröschel studierte u. a. bei Emil von Sauer in Wien. Er gilt als erster Pianist, der Mozart und Beethoven komplett auf historischen Tasteninstrumenten spielte. Er war Mitglied des Bamberger Klavierquartetts. Er hinterließ eine umfängliche Zahl von Aufnahmen sowohl auf Schallplatte, als auch im Archiv des Bayerischen Rundfunks
https://de.wikipedia.org/wiki/Ernst_Gr%C3%B6schel 
------------------
2003年5月の新聞記事
beethoven2003a.jpg

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*

共通テーマ:趣味・カルチャー

歯車☆〔独〕Zahnrad[英]gear [時計]

ドイツ語 Zahnrad の直訳は「歯の車=歯車」
歯車につてのサイト
https://www.web-solut.net/skoubou/swiswatchor.htm
---------------

ウォルサム・ウォッチ(Waltham Watch )はアメリカ最古の時計ブランド
waltham-usa.jpg woltham1926.jpg
今も時を刻む
祖父長治が祖母千代に贈った腕時計
Waltham,U.S.A. シリアルNo. 25577450 1926年製
*ガラスは最近破損 
ーーーーーーーーーー
歯車の歴史
https://de.wikipedia.org/wiki/Zahnrad
*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

 静物 ☆〔独〕Stilleben [写真]

「静物」をドイツ語で「still 」静止した「Leben」生命 Stillebenと言います。
素敵なことば 
pero.jpgpero4.jpg

peronega.jpg


■↑カメラ:リンホフ テヒニカ((Linhof Technika )
■↑フィルム:写真乾板のサイズ 9x12cm
■↑ミュンヘンの写真学校時代に撮影した一枚(1966年)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/click/klassenfoto.html


peropero.jpgperopero1.jpg

■↑カメラ:RX100II レンズ Carl Zeiss T *
■↑今でも惹かれる透けたペロペロキャンディ〔独〕Lutschbonbon〔英〕Lollipop (2020年6月)

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Zwieback & Zwiebel ☆ ラスク &  タマネギ  [ドイツ語]

zwiebackzwiebel.jpg

ラスク〔独]Zwieback [ツヴィーバック]
【語の意味】 二度焼いた物
Herkunft:
1863–94 von dem deutschen Wort Zwieback („zweifach Gebackenes“), aus mittelhochdeutsch, althochdeutsch zwi („zweifach“) und -back (zu „backen“), eine Lehnübersetzung des italienischen Wortes „biscotto“

〔独〕Deutsch: Zwieback 男性名詞
〔仏〕Französisch: biscotte 女性名詞
〔伊〕Italienisch: biscotto → 男性名詞
https://de.wiktionary.org/wiki/zwieback 

Herkunft:
Zweigeback (15. Jahrhundert), Zweiback (16. Jahrhundert), Zwiback (17. Jahrhundert), Zwieback (18. Jahrhundert), Lehnübersetzung von gleichbedeutend italienisch biscotto → it
https://de.wiktionary.org/wiki/Zwieback
-------------------------------------------------------
Zwiebel〔独]Zwiebel [ツヴィーベル]
【語の意味】二つの芽
Herkunft:
entstand aus dem mhd. zwibolle/zibolle, das auf das ahd. zwibolla zuruckgeht, welches aus den Bestandteilen zwi (zwei) und bolla (Knospe; Fruchtknoten; Wasserblase) besteht. Man geht von einer Verwandtschaft mit dem lateinischen cēpula aus.
https://de.wiktionary.org/wiki/Zwiebel
-------------------------------------------------------

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*

上記のラスクはスーパーヤオコーで売られていた「北新地おみやラスク」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

Märchen im Taschenbuch-Format ☆岩波文庫『赤い鳥傑作集』より「二人の兄弟 (二 釣りの話)」作 島崎藤村 [童話]

  二 釣りの話

 ある日、お爺さんは二人の兄弟に釣りの道具を造って呉れると言いました。

  いかにお爺さんでも釣りの道具は、むずかしかろう、と二人の子供がそう思って
見て居ました。この兄弟の家の周囲には釣竿一本売る店がありませんでしたから。

 お爺さんは何処からか釣針を探して来ました。それから細い竹を切って来まして、
それで二本の釣竿を造りました。

「針と竿が出来ました。今度は糸の番です。」とお爺さんは言って、栗の木に
住む栗虫から糸を取りました。丁度お蚕さまのように、その栗虫からも白い糸が
取れるのです。お爺さんは栗虫から取れた糸を酢に浸けまして、それを長く
引延しました。その糸が日に乾いて堅くなる頃には、兄弟の子供の力で引いても
切れないほど丈夫で立派なものが出来上りました。

「さあ、釣りの道具が揃いました。」と言って兄弟に呉れました。

 二人の子供はお爺さんが造った釣竿を手に提げまして、大喜びで小川の方へ出掛けて
行きました。小川の岸には胡桃(くるみ)の木の生えて居る場所がありました。
兄弟は鰍(かじか)の居そうな石の間を見立てまして、胡桃の木のかげに腰を掛けて
釣りました。

 半日ばかり、この二人の子供が小川の岸で遊んで家の方へ帰って行きますと、
丁度お爺さんも木を一ぱい背負って山の方から帰って来たところでした。
「釣れましたか。」とお爺さんが聞きますと、兄弟の子供はがっかりしたように首を
振りました。賢いお魚は一匹も二人の釣針に掛りませんでした。

 その時、兄弟の子供はお爺さんに釣りの話をしました。兄はゆっくり構えて釣って
居たものですから釣針にさした餌は皆な鰍に食られてしまいました。

 弟はまたお魚の釣れるのが待遠しくて、ほんとに釣れるまで待って居られませ
んでした。つい水の中を掻廻すと、鰍は皆な驚いて石の下へ隠れてしまいました。

 お爺さんは子供の釣りの話を聞いて、正直な人の好さそうな声で笑いました。
そして二人の兄弟にこう申しました。

「一人はあんまり気が長過ぎたし、また、一人はあんまり気が短過ぎました。
釣りの道具ばかりでお魚は釣れません。」

~~~おわり~~~

◆* 栗繭 *
ヤママユ (山繭・学名 Antheraea yamamai・英: Japanese Oak Silkmoth)
日本在来の代表的な野蚕。幼虫はブナ科のナラ、クヌギ、コナラ、
クリ、カシ、カシワ、ミズナラなどの葉を食べる。
〔独〕Japanischer Eichenseidenspinner
◆胡桃[独]Walnuss 〔英〕Juglans
鶴ヶ城にある胡桃の木
walnussaizu.jpg
==========================
◆ドイツでは釣りをするには「免許」が必要です。
〔独〕Fischereischein (umgangssprachlich: Angelschein)

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*
2020-04-18






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

Märchen im Taschenbuch-Format ☆岩波文庫『赤い鳥傑作集』より「二人の兄弟 (一 榎木の実)」作 島崎藤村 [童話]

akaitori1.jpg akaitori3.jpg

「二人の兄弟」 島崎藤村

一 榎木の実

 皆さんは榎木の実を拾ったことがありますか。あの実の落ちて居る木の下へ行った
ことがありますか。あの香ばしい木の実を集めたり食べたりして遊んだことが
ありますか。

 そろそろあの榎木の実が落ちる時分でした。二人の兄弟はそれを拾うのを楽しみ
にして、まだあの実が青くて食べられない時分から、早く紅くなれ早く紅くなれと
言って待って居ました。

 二人の兄弟の家には奉公して働いて居る正直な好いお爺さんがありました。この
お爺さんは山へも木を伐りに行くし畠へも野菜をつくりに行って、何でもよく
知って居ました。

 このお爺さんが兄弟の子供に申しました。
「まだ榎木の実は渋くて食べられません。もう少しお待ちなさい。」とそう申しました。

 弟は気の短い子供で、榎木の実の紅くなるのが待って居られませんでした。お爺さんが
止めるのも聞かずに、馳出して行きました。この子供が木の実を拾いに行きますと、
高い枝の上に居た一羽の橿鳥(かしどり)が大きな声を出しまして、
「早過ぎた。早過ぎた。」と鳴きました。

 気の短かい弟は、枝に生って居るのを打ち落すつもりで、石ころや棒を拾っては投げ
つけました。その度に、榎木の実が葉と一緒になって、パラパラパラパラ落ちて
来ましたが、どれもこれも、まだ青くて食べられないのばかりでした。

 そのうちに今度は兄の子供が出掛けて行きました。兄は弟と違って気長な子供でした
から「大丈夫、榎木の実はもう紅くなって居る。」と安心して、ゆっくり構えて出掛けて
行きました。兄の子供が木の実を拾いに行きますと、高い枝の上に居た橿鳥がまた
大きな声を出しまして、
「遅過ぎた。遅過ぎた。」と鳴きました。

 気長な兄は、しきりと木の下を探し廻りましたが、紅い榎木の実は一つも見つかりま
せんでした。この子供がゆっくり出掛けて行くうちに、木の下に落ちて居たのを皆な
他の子供に拾われてしまいました。

 二人の兄弟がこの話をお爺さんにしましたら、お爺さんがそう申しました。
「一人はあんまり早過ぎたし、一人はあんまり遅過ぎました。丁度好い時を知らな
ければ、好い榎木の実は拾われません。私がその丁度好い時を教えてあげます。」
と申しました。

 ある朝、お爺さんが二人の子供に、「さあ、早く拾いにお出でなさい、丁度好い時が
来ました。」と教えました。その朝は風が吹いて、榎木の枝が揺れるような日でした。
二人の兄弟が急いで木の下へ行きますと、橿鳥が高い枝の上からそれを見て居まして、
「丁度好い。丁度好い。」と鳴きました。

 榎木の下には、紅い小さな球のような実が、そこにも、ここにも、一ぱい落ちこぼ
れて居ました。二人の兄弟は木の周囲を廻って、拾っても、拾っても、拾いきれない
ほど、それを集めて楽みました。

 橿鳥は首を傾げて、このありさまを見て居ましたが、
「なんとこの榎木の下には好い実が落ちて居ましょう。沢山お拾いなさい。
序(ついで)に、私も一つ御褒美を出しますから、それも拾って行って下さい。」
と言いながら青い斑(ふ)の入った小さな羽を高い枝の上から落してよこしました。

 二人の兄弟は榎木の実ばかりでなく、橿鳥の美しい羽を拾い、おまけにその
大きな榎木の下で、「丁度好時」までも覚えて帰って来ました。

—————-------————-
 
* 榎  〔独〕Chinesischer Zürgelbaum 〔英]Chinese Hackberry

花には雄花と雌花があり、4月頃葉の根元に小さな花を咲かせる。
秋には花の後ろに、直径5-6mmの球形の果実をつける。
熟すと橙褐色になり、食べられる。味は甘い。



* 橿鳥 〔独〕Eichelhäher〔英]Eurasian jay

カケス(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)
鳥綱スズメ目カラス科カケス属に分類される鳥。  

——-「絵本で覚えるドイツ語」——
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com


nice!(0)  コメント(0) 

ストレス解消ハーブティー☆Anti-Stress Tee [ドイツ生活]

teeheart.jpg

ストレス解消ハーブティー https://www.bad-heilbrunner.de/de/
anti-stresstee2.jpg
Lavendel(ラベンダー)  
Melisse (レモンバーム) 
Hopfen(ホップ)

風邪にハーブティー
erkaeltungstee2.jpg
Weidenrinde(ヤナギの樹皮)
Lindenblüte(菩提樹の花)

tee6426.jpg
---------------------------
Grog フランス製 ◆http://www.nat-sante.fr/

grog3.jpg
grog1.jpggrog2.jpg
グロッグにつて
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B0


*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Fleíßkärtchen ☆ ご褒美カード [カード]

diefrage1.jpg

Die Frage         
Schwarz das Kätzchen, schwarz die Pläne,
straff der Muskel, straff die Sehne,   
ohne Zucken,mäuschenstille,
fest die Angel, fest der Wille,
höchste Spannung im Gesciht:
≫Beißt er oder beißt er nicht?≪

質問
猫ちゃんは黒い、水面は黒い、
筋肉は硬い、 筋は硬い、
ピクリともしないでひっそり、
釣り竿をしっかり握り、意志は固い、
顔は釣りあげようと緊張の極み:
「魚は食らいついたかな、食らいつかなかったかな?」

【Fleíßkärtchen】とは
kleine Karte mit einem Bild o. Ä., das ein Schüler, eine Schülerin als Belohnung für Fleiß erhält
【DUDEN】努力のご褒美として学校で頂けた絵の描かれた小さなカード

【Fleíßkärtchen】の意味
Bedeutungen:
historisch: kleine Karte mit Bild und/oder Text als Belohnung/Anerkennung für Fleiß in der Schule
Herkunft:Determinativkompositum aus Fleiß und Kärtchen
【wiktionary】

【Fleíßkärtchen】の他の呼び名
Als Fleißkärtchen (auch Fleißbildchen, Fleißbilletts oder Lobzettel) bezeichnet man die in der Grundschulpädagogik als Belohnung und Motivation an Schüler ausgegebenen Karten oder Bildchen.
【wikipedia】

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -