SSブログ

④『みつばちマーヤの冒険』イフィ と クルト [『みつばちマーヤの冒険』]

第4章 イフィイ と クルト  ☆ 4. IFFI UND KURT
作 Waldemar Bonsels  絵 Franziska Schenkel



◆アリ [独] die Ameise [英] ant
◆センチコガネ [独] der Mistkäfer [英]dor beetle
◆コウロギ [独] die Grille [英]cricket
◆トガリネズミ [独] die Spitzmaus [英] Shrew
◆ミミズ  [独] der Regenwurm [英] earthworm
◆ナメクジ [独] die Wegschnecke(= Nacktschnecke) [英] slug
◆ミミズ  [独] der Regenwurm [英] earthworm

◇Glockenblume ツリガネソウ
◇Löwnzahn  タンポポ

マーヤが目覚めたのは青いツリガネソウでした。
朝の歌を歌いながら、草の森を行進するのは餌を捜し求め
歩き回るのはアリ。特別武装して意気揚々としています。
歌声はフキの葉の下で小さくなっていきました。がしかし
そこで何か獲物があたのでしょう、荒々しくかすれ声が
聞こえてきました。そしてタンポポの柔らかく若い葉に。
バラバラに活きよく突き進んで行きました。

自称コガネムシの「クルト」は朝早く枯れ葉で蓋をした
土の中にいるコオロギの「イフィイ」に声をかけます。
イフィイはなかなか出てきません。ようやく出てくると、
クルトに向かってこう言いました。「あなたときたら
コガネムシとおっしゃっていたのに、本当は糞虫の
センチコガネでしたのね。あなたがどのようなことを
していらしたかは、ナメクジが教えてくれましたわ。
それと私の夫は3日前にトガリネズミに食べられて
しまいましたの。ですから私は静かにしてたのです」
と言うと、あっという間に穴に戻ってしまいました。
クルトは悲しくなり目から涙が流れました。
マーヤは一部始終をツリガネソウから見ていました。
クルトは赤っぽいミミズがやって来たので、それを
二つにちぎり、一方をかじり始めましたがイフィイとは
終わってしまったと思うと、大粒の涙がほうををつたいました。
マーヤに気づいて自己紹介しているうちに半分にされた
一方のミミズは逃げ出していきました。
マーヤに、イフィイの話を持ち出され気が動転して、
バランスを失いひっくり返ってしまいました。
マーヤから手渡された細長い根につかまり体を起こす
ことができました。

「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0