SSブログ

„Etwas von den Wurzelkindern“ ☆"The Story of the Root Children" [ドイツ絵本]

☆愛らしい根っこの子供たちのお話です
〟Etwas von den Wurzelkindern”
『ねっこの子どもたちのこと』

top1.jpg
p18(17)w1.jpg
silhouetteweiss1.jpg
sibyle von Olfers1.jpgKönigsberg 1905/9


◇作者:ジビュレ・フォン・オルファース/Sibylle von Olfers
<1881年5月 8日  †1916年1月 29日>
◆17才:絵の手ほどきをかって受けていた作家で画家のおば
Marie von Olfers の住むべルリンに行き美術学校にも通う。
◆24才:ケーニックスベルク/ Königsberg でシスターとなる。
( Orden der Grauen Schwestern von der Heiligen Elisabeth )
◆二年後リューベックに学校の先生として派遣される。
◆1906年: „Etwas von den Wurzelkindern“ を発表。
◆1916年1月 29日:肺病を患い34才で亡くなる。
前の年のクリスマスまで教師の仕事を続ける。
http://www.florisbooks.co.uk/authors/sibylle-von-olfers.php

◇2017/11 バスで「Burgtorfriedhofリューベック 
luebeck.jpgbus burgtorfriedhof.jpg

◇1916年2月2日:Sibylle von Olfersは「Burgtorfriedhof」に埋葬されました。
後を継ぐ人がいなかったのか、リューベック市役所の方が調べてくださった
地番にお墓はありませんでした。
お墓があったと思われる場所に一輪の薔薇を捧げました。

Ruhezeiten :お墓が管理されないでそのままになっていると新たな方用となるようです。
(法律ではない)
大よその期間 大人 20年~30年  小人 20年~30年
■ https://www.bestattungen.de/ratgeber/friedhof/ruhezeiten.html

Jac-V-24-I.jpgKähler Rainer Blumen.jpg

■ 墓地ある花屋さん「Rainer Kähler」で購入した小冊子「リューベックの墓地」
地番の箇所に印をつけていただきました。
グルグルグルグルと、お墓参りにいらした方また墓地の整備を
していた方も一緒に探してくださいました。
Luebecker Friedhoefe1.jpgLuebecker Friedhoefe.jpg

◇Marie von Olfers <1826/10/27 † 1924/1/8>
Marie von Olfers.jpg
祖父の墓「III der Jerusalems- und Neuen Kirche 」に埋葬

----------------------
----------------------

*日本語訳の本 『ねっこぼっこ』
訳者
1)ドイツ文学者で詩人の生野幸吉さん
2)日本を代表する翻訳家であり、児童文学作家石井桃子さん
3)シュタイナー学園校長で、オイリュトミストの秦理絵子さん

*~~~~*~~~~* ~~~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
*~~~~~~*~~~~* ~~~~*
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。