SSブログ

Märchen im Taschenbuch-Format ☆岩波文庫『赤い鳥傑作集』より「二人の兄弟 (二 釣りの話)」作 島崎藤村 [童話]

  二 釣りの話

 ある日、お爺さんは二人の兄弟に釣りの道具を造って呉れると言いました。

  いかにお爺さんでも釣りの道具は、むずかしかろう、と二人の子供がそう思って
見て居ました。この兄弟の家の周囲には釣竿一本売る店がありませんでしたから。

 お爺さんは何処からか釣針を探して来ました。それから細い竹を切って来まして、
それで二本の釣竿を造りました。

「針と竿が出来ました。今度は糸の番です。」とお爺さんは言って、栗の木に
住む栗虫から糸を取りました。丁度お蚕さまのように、その栗虫からも白い糸が
取れるのです。お爺さんは栗虫から取れた糸を酢に浸けまして、それを長く
引延しました。その糸が日に乾いて堅くなる頃には、兄弟の子供の力で引いても
切れないほど丈夫で立派なものが出来上りました。

「さあ、釣りの道具が揃いました。」と言って兄弟に呉れました。

 二人の子供はお爺さんが造った釣竿を手に提げまして、大喜びで小川の方へ出掛けて
行きました。小川の岸には胡桃(くるみ)の木の生えて居る場所がありました。
兄弟は鰍(かじか)の居そうな石の間を見立てまして、胡桃の木のかげに腰を掛けて
釣りました。

 半日ばかり、この二人の子供が小川の岸で遊んで家の方へ帰って行きますと、
丁度お爺さんも木を一ぱい背負って山の方から帰って来たところでした。
「釣れましたか。」とお爺さんが聞きますと、兄弟の子供はがっかりしたように首を
振りました。賢いお魚は一匹も二人の釣針に掛りませんでした。

 その時、兄弟の子供はお爺さんに釣りの話をしました。兄はゆっくり構えて釣って
居たものですから釣針にさした餌は皆な鰍に食られてしまいました。

 弟はまたお魚の釣れるのが待遠しくて、ほんとに釣れるまで待って居られませ
んでした。つい水の中を掻廻すと、鰍は皆な驚いて石の下へ隠れてしまいました。

 お爺さんは子供の釣りの話を聞いて、正直な人の好さそうな声で笑いました。
そして二人の兄弟にこう申しました。

「一人はあんまり気が長過ぎたし、また、一人はあんまり気が短過ぎました。
釣りの道具ばかりでお魚は釣れません。」

~~~おわり~~~

◆* 栗繭 *
ヤママユ (山繭・学名 Antheraea yamamai・英: Japanese Oak Silkmoth)
日本在来の代表的な野蚕。幼虫はブナ科のナラ、クヌギ、コナラ、
クリ、カシ、カシワ、ミズナラなどの葉を食べる。
〔独〕Japanischer Eichenseidenspinner
◆胡桃[独]Walnuss 〔英〕Juglans
鶴ヶ城にある胡桃の木
walnussaizu.jpg
==========================
◆ドイツでは釣りをするには「免許」が必要です。
〔独〕Fischereischein (umgangssprachlich: Angelschein)

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。