SSブログ

催し物 ☆ Veranstaltungen [催し物]

002714.jpg
EU FILM DAYS 2023
開催20周年記念
欧州連合加盟国の在日大使館・文化機関が提供する作品を一堂に上映
EU 加盟全27カ国が参加
https://eufilmdays.jp

0002711.jpg
「ガウディとサグラダ・ファミリア展」
2023年6月13日(火)~9月10日(日)
東京国立近代美術館
https://gaudi2023-24.jp/

------web で「絵本で覚えるドイツ語」-------
◆ワルデマル・ボンゼルス『Die Biene Maja』
◆1)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆2)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆テオドール・フォンターネ『kleine Gratulanten 』
◆アンデルセン童話『ティーポット』

◆ハインリッヒ・ホッフマン『もじゃもじゃペーター』

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


共通テーマ:趣味・カルチャー

Geschirre ☆器 [素敵な品々]

geshirre.jpg
02704.jpg704.jpg
Teekanne TAC Gropius Weiß Teekanne klein, 0.6 l Rosenthal Germany
TAC The Architects Collaborative

豆皿.jpg豆皿裏.jpg
◇富士型 豆皿  伊万里焼(有田焼とも) 田森陶園
◇蝶結び縄紋 豆皿 有田焼  そう太窯
銀座器ギャラー門

フキ 学名 Petasites japonicus
*「Petasites」は、ギリシャ語の「petasos(ペタソス)」に由来しています。ペタソスは、古代ギリシャの帽子の一種で、フキの巨大な葉がこの帽子の形状に似ていることから、この属名が付けられました。【ChatGPT】
* ペタソス(古希: πέτασος, pétasos)は、古代ギリシアのつばの広い日よけ帽。テッサリアに起源を持ち、しばしばクラミュス(英語版)と呼ばれるマントと併用される。一般的には羊毛のフェルト生地や皮、藁などから作られ、広くだらりとしたつばがついている。… 【Wikipedia】

------web で「絵本で覚えるドイツ語」-------
◆ワルデマル・ボンゼルス『Die Biene Maja』
◆1)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆2)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆テオドール・フォンターネ『kleine Gratulanten 』
◆アンデルセン童話『ティーポット』

◆ハインリッヒ・ホッフマン『もじゃもじゃペーター』

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


共通テーマ:趣味・カルチャー

REISEHANDBUCH Baedeker ☆旅行書 ベデカ [言葉]

Wer reisen will,       旅をしたい人は
Der schweig fein still,  そっと静かに
Geh steten Schritt,    あゆみを同じくして
Nehm nicht viel mit,    持ちものは少なく
Tret an am frühen Morgen, 朝早く旅立つのがよい
Und lasse heim die Sorgen. 心配事は家において
Philander von Sittenwald 1650
フィランダー フォン ジッテンヴァルト 1650
(訳F.Yamada)
---50年以上前に神田で出会った旅行書Bedekaer---
上記の詩はBaedekerに載せられています。(Schweiz 以外)
-----------------------------------------
1913 SÜD- DEUTSCHLAND
1914 BELGIEN u.HOLLAND
パンフレット:ユトレヒト(オランダ) 国際工業博覧会2025年9月8日~17日
1920 SCHWEIZ
1925 DEUTSCHLAND
----
bedeka1.jpg
baedeka3.jpg
belgien&holand.jpg
schweiz.jpg
G_E7026.jpg
baedeka5.jpg
2000 Baedeker Deutschland & 1925 Baedekers DEUTSCHLAND
Brigitte とKlausからBonnでプレゼンされる

------web で「絵本で覚えるドイツ語」-------
◆ワルデマル・ボンゼルス『Die Biene Maja』
◆1)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆2)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆テオドール・フォンターネ『kleine Gratulanten 』
◆アンデルセン童話『ティーポット』

◆ハインリッヒ・ホッフマン『もじゃもじゃペーター』

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


共通テーマ:趣味・カルチャー

ai個展 小平市 ☆ Kalligraphie

植物の本屋「草舟あんとす号」にて開催
◇aiさんの素晴らしいカリグラフイー
2023年 4/22 ~4/30
◇ai さんが描いた箱に入ったOriginal Teaもあります。
R02617.jpg
https://koten-navi.com/aikohino-MadameSoleildOr


共通テーマ:趣味・カルチャー

展示会 スペイン大使館 ☆ Ausstellung [展示会]

MG_6487.jpg
R2563.jpg
R002560.jpg
R002564.jpg
2023年3月17日(金) ~ 4月18日(火)
スペイン大使館(東京都六本木 1-3-29)

開館時間 月ー木: 10:00~17:00、金:10:00~16:00
休刊日  毎週土・日曜日 4月6、7日

Manuel
Franquelo
The Language of Things

マヌエル・フランケロー モノの言葉
::::::::::::::::::::::::::::::::::

R2476.jpg2023/3/16
スペイン大使館の斜向かいの「スエーデン大使館」
Embassy of Sweden
Tokyo, Japan

------web で「絵本で覚えるドイツ語」-------
◆ワルデマル・ボンゼルス『Die Biene Maja』
◆1)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆2)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆テオドール・フォンターネ『kleine Gratulanten 』
◆アンデルセン童話『ティーポット』

◆Waldemar Bonsels『Die Biene Maja』14章訳

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


共通テーマ:趣味・カルチャー

14章 脱出 ☆1 4. Die Flucht [『みつばちマーヤの冒険』]

1章〜17章の「ドイツ語の原文」が読めます
◇『みつばちマーヤ』のブログ:1章〜13章
------------------------------------------------------
Webで読み進む「絵本で覚えるドイツ語」
2022/6/10 7/108/159/1010/1011/1012/10
2023/1/102/103/10

『みつばちマーヤの冒険』作 WALDEMAR BONSELS 絵Franziska Schenkel

Die Biene Maja 14.jpg

Vierzehntes Kapitel Die Flucht

 Aber die Verzweiflung der kleinen Biene machte bald einer entschlossenen Besinnung Platz. Es war, als erinnerte sie sich wieder daran, daß sie eine Biene war. Hier sitze ich nun und weine und klage, dachte sie plötzlich, als ob ich nicht Gedanken und Kräfte hätte. O, ich mache meinem bedrohten Volk und meiner Königin wenig Ehre. Sterben muß ich doch, da will ich es wenigstens stolz und mutig tun und nichts unversucht lassen, die Meinen zu retten.
 Es war, als vergäße sie ganz die lange Zeit der Trennung von den Ihren und der Heimat, sie fühlte sich ihnen zugehöriger als je, und die große Verantwortung, die plötzlich auf ihr ruhte, weil sie den Plan der Hornissen kannte, verlieh ihr große Entschlossenheit und viel Mut.
 Müssen die Meinen unterliegen und sterben, so will ich es auch, dachte sie, aber vorher will ich nichts ungetan lassen, sie zu retten.
 „Es lebe meine Königin!“ rief sie.
 „Ruhe da drinnen!“ scholl es barsch von außen.


14章 脱出

 しかし、小さなみつばちの絶望は、間もなく揺るぎない思いへと変わりました。
彼女がみつばちだということを再び思い出したからです。ふと、彼女は考えました。
「私は、ぼっとしていて考えもしないで元気なく、座って、泣いて悲しむだけでいいの。
ああ、私の脅かされている国、そして私の女王様への畏敬の念が足りなかったわ。
どうせ死ぬのなら、せめて誇りと勇気を示したい。そしてみんなを助ける努力をしない
わけにはいかない。」
 そんな思いが、とても長いこと離れていたみんなや故郷を思い出して、今までより
みんなとの繋がりを感じました。なぜならスズメバチの企てを知ってしまった以上、
突然のように彼女に責任感が湧いて大きな決断と勇気が出てきました。
 「私の国は支配されてしまい、死ぬ運命になるかもしれない。でもその前にかれらを
救うためには何かしなければ」と彼女は考えました。
 「私の女王様万歳!」と彼女は叫びます。
 「なかの者、静かに!」と外から荒々しく響き渡りました。

 Hu, war das eine fürchterliche Stimme. Es mußte der Wächter gewesen sein, der die Runde machte. Offenbar war es längst Nacht..
 Als der Schritt draußen verhallt war, begann Maja sogleich damit, den Spalt zu erweitern, der in den Saal führte. Es gelang ihr leicht, die mürbe Wand zu zerbeißen, wenn sie auch lange Zeit brauchte, bevor die Öffnung groß genug war. Endlich konnte sie sich hindurchzwängen. Sie tat es vorsichtig und mit pochendem Herzen, sie wußte, daß es ihr Leben kosten würde, wenn man sie entdeckte. Aus unbekannten Gründen der Burg scholl ein tiefes Schnarchen..
 Der Saal lag in gedämpftem blauen Licht, das vom Eingang hineinsank. Das ist Licht vom Mond, wußte Maja und schritt vorsichtig dahin, wobei sie sich stets in den tiefen Schatten an den Wänden hielt. Vom Saal führte ein schmaler hoher Flur zum Ausgang, von dort kam das Himmelslicht der Nacht. Maja seufzte tief auf, sie sah ganz fern in unendlicher Weite einen Stern am Himmel schimmern. Ach Freiheit, dachte sie.
.

 わあ、それはとても恐ろしい声でした。きっと見回りに来た見張りに違いありません。
どうやら夜も更けているようでした。
 足音が外に次第に消えていった時、マーヤはすぐに広間へと続く隙間を広げ始めました。
十分な大きさまで開けるには長い時間かかりましたが、もろくなった壁をかみ砕くことは
簡単でした。彼女は注意深く、鼓動は早まりました。見つかれば、彼女の命が危うく
なることは分かっていました。城塞のどこからか深いいびきが響いていました。
 広間は、入口から差し込むほのかに青い光の中にありました。それは月の光でした。
マーヤは、壁に彼女の影が濃く映し出されているのを知っていました。その中へ注意深く
歩いていきました。広間から出口へと細く高い廊下が通じていました。そこから夜空の
光が差し込んできました。マーヤは深くため息をつきました。彼女は、遥か果てしなく
遠い空に、かすかに輝く星を見ました。ああ、自由と、彼女は思いました。
MG_4846.jpg

 Der Gang war ganz hell. Leise, Schritt für Schritt, schlich sie voran, das Tor kam immer näher. Wenn ich jetzt auffliege, dachte sie, so bin ich draußen. Ihr Herz schlug in der Brust, als ob es sie zersprengen wollte.
 Da sah sie im Schatten des Tores an einer Säule den Wächter lehnen.
 Wie angewurzelt blieb sie stehen, alle ihre Hoffnung sank dahin. Dort war kein Vorüberkommen. Was sollte sie tun? Das Beste wird sein, ich kehre um, dachte sie, aber der Anblick des Riesen am Tor hielt sie im Bann. Es schien, als schaute er ganz in Gedanken versunken in die beleuchtete Nachtlandschaft hinaus. Er hatte sein Kinn in die Hand gestützt, und sein Kopf war ein wenig geneigt. Wie der goldene Panzer im Mond glänzte! In seiner Haltung war etwas, das die kleine Maja bewegte. Er sieht so traurig aus, dachte sie, wie schön er ist, wie edel ist seine Haltung und wie stolz funkelt seine Rüstung. Tag und Nacht legt er sie nicht ab, er ist immer bereit zu rauben, zu kämpfen und zu sterben ...
 Die kleine Maja vergaß ganz, daß es ihr Feind war, den sie vor sich sah. Ach, wie oft war es ihr so gegangen, daß ihr Herz und seine Freude am Schönen sie alle Gefahr vergessen ließ.


 通路がとても明るかった。そして彼女はそっと一歩一歩、前に忍び足で進んで門がどん
どん近づいてきました。「今、飛び立ったら外に出られる」と彼女は考えました。彼女の
心臓は飛び出すのではないかとドッキンドッキンしていました。
 その時、門の影の中に番兵が柱に寄りかかっているのが見えました。
 彼女はすくんで立ち止まり、それまでの希望は消え失せてしまいました。そこは通り
抜けることはできませんでした。彼女はどうすればよいのでしょうか?「ベストなのは
戻ること」と彼女は考えました。でも彼女は門の巨大な光景に心を奪われました。番兵は
光に照らされた夜の景色に見とれて、ただ眺めているように見えました。彼は頬杖を付き、
そして頭を少し傾げていました。月あかりの中で、彼の金色の甲冑が輝いているよう
でした。小さなマーヤは彼の姿に少し心を動かされました。彼は悲しそうでした。
「彼は何て素敵なの!何て彼の姿は気高いの!そして甲冑は誇り高くきらめいているの」
と彼女は見ほれていました。彼はいつも準備を怠らず、昼も夜も甲冑を脱がずに、
奪い取るために、戦うために、そして死ぬために…
 小さなマーヤは、そんな様子を目にして、彼が彼女の敵であったことを
まったく忘れてしまうほどでした。ああ、何度も美しさというものに彼女の心が奪われた
ことでしょう。そして今回も彼の美しさを目にしたことで、彼女にすべての危険を忘れ
させてしまいました。
Vollmond BerlinWakuGelb2.jpg

 Da schoß ein goldener Lichtblitz vom Helm des Räubers, er mußte den Kopf
bewegt haben.
 „Lieber Gott,“ flüsterte die kleine Maja, „jetzt ist es aus.“
 Da sagte der Wächter ganz ruhig:
 „Komm nur näher, Kleine.“
 „Was?“ rief Maja, „wie? Sie haben mich gesehen?“
 „Doch, Kind, schon lange. Du hast ein Loch in die Wand gebissen, und hast
dich dann, immer hübsch im Schatten, bis hierher bewegt. Dann hast du mich
gesehen und mit deinem
Mut war es zu Ende. Ist es so?“
 „Ja,“ sagte Maja, „Sie haben ganz recht.“ Sie zitterte vor Grauen am ganzen
Körper. Also die ganze Zeit über hatte der Wächter sie beobachtet. Sie erinnerte
sich nun, davon gehört zu haben, wie scharf die Sinne dieser klugen Räuber sind.
 „Was willst du denn hier?“ fragte der Wächter gutmütig. Maja fand immer
noch, daß er traurig aussah, er schien an ganz andere Dinge zu denken, ihm war
dies alles gar nicht so wichtig wie ihr selbst.
 „Hinaus möchte ich“, antwortete sie. „Ich habe auch nicht den Mut verloren,
sondern ich war nur erschrocken über Ihre Kraft und Schönheit und über den
goldenen Glanz Ihrer Rüstung. Jetzt werde ich mit Ihnen kämpfen.“


 彼は頭を動かしたのだろうか。番兵のヘルメットから金色の光が走りました。
 「ああ神様、もう駄目だわ」と小さなマーヤはつぶやきました。
 すると番兵は静かに言いました。
 「さあ、チビよ、こっちに来なさい。」
 「何ですか、どうやってあなたは、私を見たの?」とマーヤは叫びました。
 「チビさん、ずっと前からだ。お前さんが壁に穴をかじっていて、その時から
お前さんの影がずっとくっきり映っていたよ。今までここにやって来るまでだ。
それから私を見たんだよ。お前さんの勇気もこれまでだ。そうじゃないかな?」
 「そう、あなたは正しいわ」とマーヤは言いました。彼女は恐怖で、体じゅうが
震えました。そうずっと番兵は彼女の動きを監視していました。なんと、この鋭く賢い
盗賊の仲間であることか。彼女はあらためてそのことを思い出しました。
 「お前さんはここで何がしたかったのだい?」と番兵は穏やかに聞きました。
マーヤには今も彼が他の事に心があり、今の事はどうでもよいようで、彼がまだ悲しそう
であるように思えました。
  「私は外に出たいのです」と彼女は答えました。「私は勇気をなくしたのではなく、
あなたの力と美しさと甲冑の金色の輝きに心をうばわれていただけです。だけど、
今は、あなたと戦いましょう。」
SC05103.jpg
 
 Der Wächter beugte sich erstaunt ein wenig vor und sah Maja an und lächelte. Es war gar nicht böse, dies Lächeln, die kleine Biene hatte dabei ein Empfinden, das sie noch niemals im Leben gekannt hatte. Ihr war zumute, als ob dieses Lächeln des jungen Kriegers eine heimliche Gewalt über ihr Herz ausübte
 „Kleine,“ sagte er beinahe herzlich, „nein, kämpfen werden wir nicht. Ihr seid ein mächtiges Volk, aber wir sind stärker. Am wenigsten aber wird je eine einzelne Hornisse mit einer einzelnen Biene kämpfen. — Wenn du magst, kannst du gern ein wenig hierbleiben und mit mir plaudern. Aber nur noch kurz, bald werde ich die Soldaten wecken und dann mußt du in deine Zelle zurück.“
 Seltsam, diese überlegene Freundlichkeit der Hornisse entwaffnete Maja mehr, als Zorn oder Haß es gekonnt hätten. Es war beinahe etwas wie Bewunderung, das sie empfand. Sie sah mit großen traurigen Augen zu ihrem Feind auf, und da sie immer dem Zug ihres Herzens folgen mußte, sagte sie:
 „Ich habe stets nur Böses von den Hornissen gehört, aber Sie sind nicht böse. Ich kann nicht glauben, daß Sie böse sind.“


 番兵は驚いたように、少し前かがみになってマーヤを見てにこりとしました。それは、全く悪意はなさそうでした。このような笑いは、小さなマーヤが今まで生きてきた中で出会ったことのないものでした。若い番兵のこのやさしい笑いは、彼女の心の奥深くに強く響いていました。
 「チビさん」優しく迎えるような声で彼は言いました。「いいや、我々は戦わない。お前さんらは強い集団だ。だが、我々はもっと強い。しかし少なくともそれぞれ一匹のスズメバチは一匹のミツバチと戦うことになるのだ。― もしお前さんさえ良ければ、少しここにいてもよいぞ。そして私とおしゃべりしよう。でもほんの少しの時間だ。私は間もなく兵隊たちを起こし、お前さんは独房に戻らねばならない。」
 奇妙な事に、このスズメバチの尊大だけど親切な態度で、怒りや憎しみが湧いていたはずの、マーヤの心はやわらぎました。彼女が感じたのは、驚きに近いものでした。番兵の目には大きな悲しみで満ちているのを彼女は目にしました。そしていつも彼女の心の思いを表わさずにはいられない為、彼女は言いました。
 「私はいつもスズメバチについて悪いことを聞いていました。でもあなたは悪いスズメバチではありませんね。私にはあなたが悪者であるとは信じられません。」
MG_4127.jpg

 Der Krieger sah Maja ruhig an:
 „Es gibt überall böse und gute Leute“, sagte er ernst. „Aber wir sind eure Feinde, das vergiß nicht. Es wird immer so bleiben.“
 „Muß denn ein Feind immer schlecht sein?“ fragte Maja. „Als Sie vorhin in die Nacht hinausschauten, habe ich vergessen müssen, daß Sie hart und mir feindlich sind. Mir war zumute, als ob Sie traurig wären, und ich habe immer gemeint, Wesen, die traurig sind, können unmöglich böse sein.“
 Und als der Wächter schwieg, fuhr Maja um vieles mutiger fort:
 „Sie sind mächtig. Wenn Sie wollen, können Sie mich wieder in meine Zelle schaffen und ich muß sterben, aber wenn Sie wollen, so können Sie mir auch meine Freiheit schenken.“
 Da richtete der Krieger sich auf. Sein Panzer klirrte ein wenig, und der Arm, den er hob, blinkte im Mondlicht, das verblassend auf dem Tor lag. Kam schon der Morgen?
 „Du hast ganz recht,“ sagte er, „diese Macht habe ich. Diese Macht ist mir von meinem Volk und meiner Königin anvertraut worden. Der Befehl lautet, daß keine Biene je wieder die Burg lebendig verlassen darf, die sie einmal betreten hat. Ich werde meinem Volk Treue halten.“ Und nach einer Weile des Schweigens fügte er leiser hinzu, als spräche er zu sich selbst: „Ich habe zu bitter erfahren, wie weh die Untreue tun kann, als Schnuck mich verließ ...“


 番兵は静かにマーヤを見つめました。
 「いたるところに悪い者と良い者がいる。」彼はまじめに言いました。「でも我々は
お前らの敵だと言うことは忘れるな。それはこれからもそうだ。」
 「敵はいつも悪くなければならないの?」とマーヤは聞きました。「あなたがさっき夜の
景色を見ていた時、あなたが私に厳しくまた私の敵だということを忘れさせました。
私には、あなたが悲しんでいるのではないかと思い、悲しんでいる者は悪者であるはずが
ないと私はいつも思っていました。」
 そして番兵が沈黙すると、マーヤはもっと多くのことについて勇気をもって続けました:
 「あなたは意のままにできるわ。 あなたが望めば、私をまた私の独房に戻すことも。
それで私は死ななければならない。でもあなたが望めば、私に自由を与えることも出来
るし。」
 そこで兵士は体を起こしました。彼の甲冑が少し音を立て、そして彼が上げた
腕は月あかりにきらり輝きました。月は門の上で消えかかっていました。「もう朝が
きたの?」
 「そうだ」 と彼は言いました。「私には力がある。この力は私の国のため、そして私
の女王様から私にゆだねられているのだ。命令は、一度捕らえたミツバチを一匹たりとも、
決して城砦から生きて出してはいけないというものだ。私は私の国に忠実である。」
それから少し沈黙した後、彼は自分に言うかのように静かに言いました。「私には苦い
経験がある。誠実さがないということでいかに傷つくかを。それはシュヌックが私から
去った時なのだ…」
R6.jpg

 Die kleine Maja stand erschüttert und wußte nichts zu antworten. Ach, sie selber trieb das gleiche Gefühl, die Liebe zu den Ihren, die Treue gegen ihr Volk. Sie fühlte, hier gab es kein anderes Mittel mehr als List oder Gewalt, es tat jeder seine Pflicht und doch blieben sie einander fremd und feind. — Aber hatte der Krieger nicht zuletzt einen Namen genannt? Hatte er nicht von einer Untreue gesprochen, die jemand gegen ihn begangen hatte? Schnuck kannte sie ja, war das nicht die schöne Libelle gewesen, die am Seeufer bei den Wasserrosen wohnte? Sie bebte vor Aufregung, vielleicht lag hier eine Rettung für sie, aber sie wußte noch nicht, inwiefern. Vorsichtig fragte sie:
 „Wer ist denn Schnuck, wenn ich fragen darf?“
 „Ach, das kümmert dich nicht, Kleine,“ antwortete der Wächter, „sie ist für mich verloren und ich werde sie nie mehr finden.“
 „Ich kenne Schnuck,“ sagte Maja und zwang sich zur Gelassenheit, „sie gehört zur Familie der Libellen und ist wahrscheinlich die schönste, die es unter ihnen gibt.“
 Maja hatte den Krieger noch nicht so gesehen, wie nach diesen Worten, er schien alles um sich her vergessen zu haben und sprang stürmisch auf sie zu.


 小さなマーヤは驚きで身じろぎも出来ず、どう返答すれば良いのか分かりませんでした。
あー、彼女自身も、彼女に国への忠誠心、皆への愛情といった同じ感情が湧きました。
ここには、ずる賢さと、暴力の手段だけがあり、それぞれが彼らの義務を果たし、それが
互いが他人で敵であり続けたと彼女は感じました。そういえば兵士は最後にシュヌックの
名前を言わなかった?彼は、誰かが彼に不誠実なことをしたようなこと話さなかった
かしら?そう彼女はシュヌックを知っていました。スイレンのそばで湖のほとり住んでいた
美しいトンボじゃなかったかと、彼女は興奮で震えました。もしかしてここに彼女のための
救う手だてがあるのではないかと。でも彼女はどのようなのか、まだ知りませんでした。
用心深く聞きました。
 「聞いてよければシュヌックというのは誰ですか?」
 「ああ、チビよ、気にしなくて良いよ。 彼女は私から離れて行って、もう見つけられ
ないのだから」と番兵は答えました。
 彼女はあくまで冷静さを失わないように「私、シュヌック知っているわ」 と彼女は言い
ました。「彼女はトンボ科の仲間です。そして彼女はその中でもきっと一番美しいわ。」
 この言葉の後、彼がすべてを忘れ、マーヤに猛烈な勢いで飛び込んで来ました。そんな
兵士をマーヤは見たことがありませんでした。
R00728.jpg

 „Wie?“ rief er, „du kennst Schnuck? Sofort sagst
du, wo sie ist.“
 „Nein“, sagte die kleine Maja, ganz still und fest. Aber innerlich glühte sie
vor Freude.
 „Ich beiße dir den Kopf ab, wenn du nicht sprichst“, rief der Wächter. Er
kam ganz nahe.
 „Der wird mir ja sowieso abgebissen. Tun Sie’s nur! Ich werde doch nicht
die liebliche Libelle verraten, mit der ich eng befreundet bin! Jedenfalls wollen
Sie sie gefangennehmen.“
 Der Krieger atmete schwer. Da es draußen zu dämmern begann, sah Maja,
daß seine Stirn bleich war und seine Augen voll Angst und Unfrieden.
„Mein Gott,“ sagte er verstört, „es ist Zeit, ich muß die Krieger wecken. — Nein,
nein, kleine Biene, ich will Schnuck nichts Böses tun. Ich liebe Schnuck mehr
als mein Leben.
 Sag mir, wo ich sie wiederfinde!“„Ich liebe mein Leben auch“, sagte die kleine
Maja klug und zögernd.
 „Wenn du mir den Aufenthalt der Libelle Schnuck verrätst,“ sagte der Wächter
und Maja sah, daß er mühsam sprach und am ganzen Körper zitterte, „so werde
ich dich freigeben, dann kannst du fliegen, wohin du willst.“


 「え、お前はシュヌックを知っているのかい?シュヌックがどこに居るのか
すぐに言ってくれ」と彼は叫びました。
 「いいえ」とマーヤは静かにしっかりと言いました。でも彼女の心は喜びで
いっぱいでした。
 「お前が話さなければ、頭をかじってしまうぞ」と番兵は言って、近くまで
迫って来ました。
 「私をどうせ嚙むのでしょう。 どうぞ、そうなさい。私はとても親しくして
いて可愛いいトンボを裏切るなんていうことはしないわ。どっちみちトンボを
捕まえたいのでしょう。」
 兵士は重くため息をつきました。外は次第に明るくなって来ていたので、彼の
額は青白く、不安でいっぱいで心を抑えつけて居る目をマーヤは見て取りました。
「何ということだ」と彼は慌てて言いました。「兵士たちを超す時間だ。いやいや、
チビのみつばち私はシュヌックに悪いことなどしない。私は私の命よりシュヌック
を愛している。どこで彼女にまた会えるのだ!」
 「私も私の命を愛しているの」と小さなマーヤは抜け目なくためらいがちに
言いました。
 「もしお前がトンボのシュヌックの居場所を教えたら」とやっとの思いで言い、
身体全体を震わせて番兵は言いました。「そうしたらお前を自由にしよう。
そうすればお前はどこでも飛んで行かれるのだ。」
3-Der Waldsee und feine Leute.jpgICX2705.jpg
 
 „Werden Sie Wort halten?“
 „Mein Ehrenwort als Räuber“, sagte der Wächter stolz.
 Die kleine Maja konnte kaum sprechen. Kam es nicht auf jede einzelne Minute
an, wenn sie die Ihren noch rechtzeitig vor dem Überfall warnen wollte? Aber ihr
Herz jubelte.
 „Gut“, sagte sie. „Ich glaube Ihnen. So hören Sie: Kennen Sie die alten Linden
beim Schloß? Hinter ihnen ziehen sich viele Blumenwiesen hin und endlich kommt
ein großer See. Im Seewinkel im Süden, wo der Bach einmündet, stehen in der
Sonne die weißen Seerosen im Wasser. Dort im Schilf wohnt Schnuck, Sie finden
sie jeden Mittag dort, wenn die Sonne hoch steht.“
 Der Krieger hatte beide Hände an seine blasse Stirn gedrückt. Er schien schwer
mit sich selbst zu kämpfen.
 „Du hast recht“, sagte er leise und stöhnte so, daß man nicht sagen konnte, ob
er Schmerz oder Freude empfand. „Sie hat mir erzählt, sie wollte zu weißen
schwimmenden Blumen. Das werden die Blumen sein, von denen du gesprochen
hast. So flieg denn, und hab’ Dank!“
 Und wirklich trat er vom Eingang zurück. Draußen dämmerte der Tag herauf.


 「約束は守ってくれるのですね?」
 「盗賊の名誉にかけて」と番兵は誇り高く言いました。
 小さなマーヤは言葉が出ないほどうれしかった。彼女は仲間に彼らの襲撃がある前に
早めに警告したかったので、一瞬一瞬が大切でした。彼女の心は喜びで、はちきれん
ばかり。
 「いいわ」 と彼女は言いました。「私はあなたを信じるわ。さあ聞いて。城の古い
菩提樹を知っている?その後ろは花畑で、それからずっとして大きな湖があるわ。小川が
流れ込む所の湖の南の一角、湖面に日差しの中に白いスイレンが咲いています。そこの葦の
中にシュヌックは住んでいます。おひさまが高くなるお昼時にあなたは逢えるわ。
 兵士は両手を彼の青白い額に押し当てました。彼は自分と戦うかのように思えました。
 「お前は正しい」と彼は静かに言い、ため息をつきました。それは心をいためているのか、
喜んでいるのかわかりませんでした。「彼女は私に話したのだ。白く浮いている花へ行き
たいと。それがその花だろう。お前さんがそれについて話した。では飛んでいけ。
ありがとう!」
 そして彼は本当に門を開けました。外は明るくなり始めていました。
10024.jpg
– Lang Genusswelt (baeckerei-lang.de)

 „Ein Räuber hält sein Wort“, sagte er. Er wußte nicht, was die kleine Maja in dieser Nacht in der Burg gehört hatte, und so dachte er: Was liegt an einer kleinen Biene, gibt es nicht genug andere?
 „Leben Sie wohl“, rief Maja und flog davon, atemlos vor Hast und ohne ein Wort des Dankes. Es war wirklich keine Zeit mehr dazu.

 さっき、「盗賊は言葉を守る」と彼は言いましたが、彼は小さなマーヤが城塞の 中でこの夜に何を聞いたかを知りませんでした。それで彼は、「ちっぽけなミツバチ なんて、どうせたいしたことはないではないか」と考えていたのです。
 「さよなら」とマーヤは大きな声で言うと、急いで息もつかずに感謝の言葉も 言わずにそこから立ち去りました。本当に、知らせるには時間がなかったのです。
Universtiy of St Andrews3.jpg
MERCURY & WOODCUTTER HONESTY
                IS
               BEST
ステンドグラスに書かれている文字古英語「v = u」
◇https://www.st-andrews.ac.uk/study/accommodation/halls/mcintosh-hall/

------web で「絵本で覚えるドイツ語」-------
2021年
◆アンデルセン童話『ティーポット』
◆テオドール・フォンターネ『kleine Gratulanten 』
2022年
◆ 1)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆ 2)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆ 3)アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ『Der kleine Prinz』

*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


共通テーマ:学問

Das Tagebuch(Goethe)☆ダス ターゲブーフ(ゲーテが1810年発表した詩) [ゲーテ]

『Das Tagebuch』
J.W.ゲーテ(*1749/8/28 - †1832 /3/22) が60才の1810年に発表した詩
この詩は不道徳であるとして長い間世に出るこことはありませんでした
1861年に 出版社「Verleger Salomon Hirtzel 」が私版を24部発行しました
* ------------------------------- *
下記の本の出版社:「Verlag der Nation, Berlin」
dastagebuch1.jpg
tagebuch5-auflage1.jpg

淡いタッチで心そそられる挿絵
マックス シュヴィマー(Max Schwimmer 1895/12/9-1960/3/12)

『DAS TAGEBUCH』の第1版の発刊にあたり
トーマス マン(1875/6/6-1955/8/12)が1953年12月24日に寄稿
thomasmann3.jpg

      THOMAS MANN
Schrieb am 24. Dezember 1953 über vorliegende „Tagebuch “

            ...Und danken Sie
freundlichst in meinem Namen auch Herrn Pro-
fessor Schwimmer für das von ihm mit so
genialisch leichter und feiner Hand illustrierte
„Tagebuch“, an dem ich große Freude habe. Ich
habe für diese kecke Moralität immer eine
besondere Neigung gehabt.
                   Ihr
              Thomas Mann
                    

    トーマス マン
1953年12月24日に『Tagebuch』 に寄せて書きました

軽やか,かつ繊細に、独創的な絵の描かれた「Tagebuch」を
手にして、大変うれしく思います。シュヴィマー教授にも
私から心からの感謝をお伝えください。私は日頃から
特に斬新なモラルに好感を抱いていました。
                    Ihr
               Thomas Mann
                    
                 (訳 F.Yamada)
------------------------------------------------------------
↓『Das Tagebuch』の全文
https://de.wikisource.org/wiki/Das_Tagebuch_(Gedicht_von_Goethe)

『Das Tagebuch』 の冒頭のラテン語
- aliam tenui, sed iam quum gaudia adirem,
Admonuit dominae deseruitque Venus.

(Ich nahm mir eine andere, doch als ich schon zur Freude schreiten wollte, / erinnerte mich Venus an meine Herrin und verließ mich.)


------web で「絵本で覚えるドイツ語」-------
◆ワルデマル・ボンゼルス『Die Biene Maja』
◆1)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆2)『5 x 9 = 45』Alte deutsche Kinderbücherより
◆テオドール・フォンターネ『kleine Gratulanten 』
◆アンデルセン童話『ティーポット』



*~~~*~~~*~~~~**
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~*~~~*~~~~*


共通テーマ:学問